ワードプレスの権限を理解してページを綺麗に作る

個人で本格的なブログを開設できるワードプレスですが、事業目的として企業にも採用されるケースが多くあります。ブログだけでなく、WEBページとして綺麗に見た目を整えられるカスタマイズ性を持っているものの、綺麗に仕上げるには一人の能力では難しく、複数人でワードプレスを管理するのが向いています。セキュリティを高めるためにログインして管理する仕様になっていますので、管理するユーザーごとに権限をコントロールする必要があります。設定をしておかなければ、ワードプレスの設定をむやみに変更されてページが汚くなってしまったり、ログインできなくなったりするなどの問題が生じますので、必ず設定を怠らないようにします。
ワードプレスの利用におけるログインユーザーの権限には、たくさんの種類があります。これら種類を設定画面で操作が可能です。最も強い立場になるのが、管理者です。ワードプレスのすべての操作、設定ができるユーザーです。記事を投稿や削除、テーマを変更してデザインを綺麗にするなど、何でもできます。管理者に続いて強い立場になるのが、編集者です。編集者は投稿記事、いわゆるコンテンツに対する操作ができるユーザーになります。投稿に対するコメントの扱いやリンクの設定などを、自由に行えます。投稿者の立場だと、記事の新規投稿や編集の作業、記事をインターネット上に公開するかなどの操作ができます。記事を作成するだけの担当者であれば、投稿者の立場で十分だといえます。寄稿者の立場は、記事の新規投稿を公開することができません。記事を下書きしたり、編集したりするくらいの操作に限定されます。購読者の立場は、閲覧のみです。ログインはできるものの、読むだけの立場ですので、一般には公開されない会員制サイトとして運用するときなどに、与えられる権限になります。
最初にワードプレスを導入するのは、何でも操作できる管理者の立場のユーザーです。管理者が設定を決めた後に、他のユーザーを新規追加する操作を行います。管理画面のメニューのユーザーにある、新規追加を選ぶと設定画面が表示されます。新規に追加するログインIDをユーザー名の欄に入力します。他にメールアドレスと新規ユーザーの名前と名字、ログイン用のパスワードと権限グループを決めます。入力したメールアドレス宛にパスワードを送信することもできますので、希望するなら項目にチェックを入れておきます。最後に新規ユーザーを追加のボタンを押せば設定が終わります。