ワードプレスを作っただけでは検索エンジンに出てきません

インターネットが発達したことにより、個人や中小企業が、情報を発信できる場は一気に広がりました。ソーシャルメディアでは、お客さんとのコメントやメッセージのやり取りができ、広告を掲載することも可能です。また、無料ブログでは、無料で自分のブログを保有できるので、費用をまったくかけずに情報発信ができます。無料ブログでは、リンクを張り付けることもできるので、自社のホームページやメールマガジン登録フォームに、お客さんを誘導することも可能です。しかし、無料ブログは、基本的には商用利用禁止であるので、大々的にビジネスをすることはできません。また、ソーシャルメディアも、個人アカウントでは商用利用禁止のものがあるので、ビジネス行為をしていると、アカウントを削除されることがあります。ワードプレスなら、ブログ形式で記事を掲載できるうえに、ビジネス利用もできます。

ワードプレスで記事を書くことは簡単で、無料ブログと同じようにできます。また、ワードプレスではパーマリンクの設定や、アイキャッチ画像の貼り付けもできるので、閲覧者を増やしやすくなっています。しかし、ただ記事を書いて更新を続けていても、検索エンジンに引っかかることはほとんどありません。インターネットユーザーが検索をする時には、検索エンジンの上位に出てきたページしか、ほとんど見ることはありません。ただ、ワードプレスで記事の更新を続けていても、検索上位に出てくることは滅多にないので、ユーザーの目には触れません。ワードプレスでは、記事や固定ページにランディングページを掲載することもできますが、検索エンジンに引っかからなければ、あまり意味はありません。

ワードプレスをビジネス利用し、大きな売上を達成するためには、結果が出るLPと運用について視野に入れておく必要があります。ページ自体を作ることは非常に簡単で、外注でも安く完成させることができます。しかし、商品やサービスを販売しようとすると、LPは必要であり、適切なものを書いて掲載する技術がいります。また、定期的に有益な記事を掲載し、的確に運用しないと、いったん制作したワードプレスが、ほとんどお客さんに見られないことになってしまいます。サイトを作ること自体はとても容易で、時間とお金はほとんど必要ありません。しかし、LPを作らなかったり、適切な運用がなされないと、ワードプレスは宝の持ち腐れになってしまいます。