権限グループによってワードプレスで行えることが違います

ホームページやブログは、デザイン次第で非常に綺麗なものになります。ホームページなら、装飾には、プログラミング関連の技術や知識が必要です。また、無料ブログなら、コーディネートには制限があるので、デザインは限られてしまいます。しかし、ワードプレスを使用すれば、プログラミングの知識や技術がなくても、綺麗なWEBページを作成することができます。ワードプレスには、いくつものテーマが用意されているので、サイトによって外観を変えることが簡単です。また、画像の挿入も簡単にできるので、デザインを設定することも簡単です。また、複数人がサイトにアクセスし、ページを更新することもできます。そのため、記事の作成頻度を高め、オリジナリティがある記事を、大量に量産することも、ワードプレスならできます。

ワードプレスで複数人が作成に携わる際に、重要となるのは権限グループです。権限グループにはいくつかの種類があり、それぞれできることが限られてきます。まず、管理者になれば、すべての権限を持ち、あらゆる設定を変更することができます。当然、管理者は記事や固定ページの編集も、自由にできます。また、編集者なら、他のユーザーが寄稿した記事を、削除したり編集したりできます。しかし、カスタマイズやプラグインの変更は、編集者はできません。投稿者なら、自分で記事を書き、投稿することができます。しかし、他のユーザーが書いた記事は、さわることができません。そして、寄稿者の権限を持てば、自分で記事が書けますが、公開はできません。寄稿者の書いた記事の公開のためには、編集者か管理者の権限が必要です。また、寄稿者は、記事に画像を入れることもできません。購読者の権限が与えられると、記事に対するコメントのみ、できるようになります。

ワードプレスでは、権限グループを設定することによって、様々なサイトを作ることができます。複数人を寄稿者とすることで、ニュースメディアのようにもできます。また、離れた場所にいるもの同士が、管理者の権限を持つことで、遠距離からでも連絡を取り合いながら、サイトの構築ができます。また、ワードプレスを扱う外注先も多く、お金を支払うことで、手間をかけずにサイト構築をすることが可能です。外注先を見つける際には、外注先の得意なLPと実績を、事前に調べておくことが重要です。外注先によって、得意分野は大きく異なります。サイトの趣旨にマッチする外注先を見つけることで、大きな成果をあげることが容易になります。