ネットカジノで現金取引をすると違法性があるのか

ネットカジノとは海外でカジノを行っているところがインターネット上に開設したゲームであり、ゲームでありながら実際に現金を用いて遊戯を行い、収支でプラスになればそれを現金化して出金することも可能になっています。

そこで問題になるのはこのネットカジノは日本ではまだ認可されているわけではなく、そこで現金を賭けてギャンブルをするのは賭博ではないかということです。現在でも麻雀やトランプなどを使って現金を賭けて遊戯をすれば賭博罪の対象になるので、この違法性については興味を持っている人には重大な問題でしょう。

結論から言うとネットカジノで現金を賭けて遊戯をして、それを現金化しても現在は罰則はされませんが、限りなくグレーゾーンになっています。このネットカジノについては既に裁判で賭博罪についての審議が行われていて、そこで罰則を与えるのは難しいという判例があるので、現段階では収益をあげてもそれで検挙されることはありません。

これはネットカジノを行っているサイトの運営先が海外では正式な認可を得ているカジノ会社であり、インターネットも海外サーバーを利用していて現金の出し入れも日本の金融機関を経由していないため、海外では違法性がないために日本でも取り締まりに慎重になっているというところです。ということで、オンラインカジノの利用は今のところは問題ないようですが、やはり今後の動向は気をつけているべきですね。

初心者必見!【最新版】ベラジョンカジノ人気ゲームランキングはこちらから。

このネットカジノでは最初に入金する最低金額というのが決まっていて、サイトに会員登録して現金をサイトが利用している金融機関を使って入金すれば、いつでも本物のカジノを体験することができるようになります。日本から現金の出し入れをする場合は海外のネットバンクを経由することになりますが、その海外のネットバンクには日本の金融機関も提携していて特に不具合を感じることなく使うことができるので、興味のある人は試しに遊戯してみてもいいでしょう。