ワードプレスの記事作成に役立つクイックタグ機能

ワードプレスは、世界中に普及している、誰でも無料で利用できるウェブサイト管理ソフトです。企業のホームページも個人のブログも、このソフトで作成と運営ができます。自分のサイトやブログから情報を発信したいという人には特にメリットが得られるようになっています。これは、他のものと比較して、SEOに強いからであり、また最新の技術をいち早く取り入れているからでもあります。インターネット上に質の高いコンテンツを増やしたいと考えているGoogleと、利害が一致しているのも大きな要因です。そのため、サイトやブログを作る際には、ワードプレスが最良の選択であると言えます。

ワードプレスの記事を作成するときに、テキストエディタやビジュアルエディタを利用して作成する人が多いでしょう。テキストエディタで記事を作成する際には「クイックタグ」という機能を利用すると、タグを素早く挿入することができるので、作業効率が大きく上がります。
クイックタグとは、テキスト(HTML)エディタの入力エリア上部のボタンをクリックすると、そのボタンに応じたタグが挿入される機能のことを指します。ワードプレスで記事を作成する際に、テキストエディタに自分がよく使用する見出し等のタブをボタンに登録しておくことで、記事作成の作業速度を短縮でき、投稿者が違う場合にもサイトデザインに準じた記事構成にすることが可能になります。

ワードプレスにデフォルトで実装されているタグはテキストを太字にするものや斜体にするもの、画像を表示させるもの、HTMLやJavaScript等のプログラムのソースコートを示すもの等があります。もしも記事を作成していくうちに、デフォルトで用意されているタグでいらないものが出てきた場合には、「functions.php」にコードを記述することで非表示にすることができます。逆にクイックタグボタンを増やしたい場合にも「functions.php」にQTags.addButton関数を記述することでボタンが増やせます。また、プラグインを導入することで、ボタンの色を変更したり、ボタンの形を変えたりと色々とカスタマイズすることが可能になります。

このように、ワードプレスのクイックタグ機能は自分好みにカスタマイズすることができ、タグの挿入が簡単にできるようになるので、作業効率が良くなるメリットがあります。1つのサイトに複数の人が記事を投稿する場合等はHTMLの記述がそれぞれ違ってくるので、サイトのデザインの統一性が損なわれてしまう可能性があります。しかし、クイックタグをあらかじめ用意しておくことで、この問題は解決できると言えます。そんな便利な機能ですから、積極的に活用していきましょう。